アクセス解析
レンタル掲示板

2015年01月18日

まわりを不幸にする人

ドラマを演じている
役者さんのように
振る舞いをする人
観た事ありますか?

例えば子供を
怒っている
同じ親を
電車や
公園で観察して
いると

子供がやった事は、
違う内容なのに
怒り方が、一緒
なのです。

これは、子供を怒る親
だけではなく、
患者に自分の価値観を
押し付けてくる
医師や看護師、理学療法士
にも起こっていました。

その中によく言われた
言葉は
まわりが迷惑している。
とか
規則は守ってください。
とか
あなたが怪我をしたら
大変です。

これは、小山の大将
【私の担当の馬鹿医者】
だけなのだすが、
あなたは、"記憶に問題がある"

馬鹿医者のコントロールが
及ばない所で
自分より立場が上の
人間に私が会っていると
呼んでいないのに
どこからか、現われて

ドラマを演じている
役者さんのように

あなたは
記憶に問題がある
と"セリフ"
を喋っていました。

これって
私を抑圧していたと
思います。

自分のコントロールが
及ばない所で
自分より
組織の中で立場が
上の人間に
会う人間は、

全て馬鹿医者に
とっては
抑圧者だと
思い

ボタンを押された
壊れた
CDプレーヤのように
同じ
台詞を繰り返して
いました。

目の前に起こっている事も
原因と結果を理解しながら
観察すると
面白かったです!!



posted by わくわくどきどき at 01:44 | 群馬 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ストレス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/412526037
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。