アクセス解析
レンタル掲示板

2007年03月25日

桜の香りで血糖値改善?


随分長い間ブログを
お休みしてしまい
申し訳ありませんでした。

転職、新しい職場、仕事の繁忙期と
忙しくなりブログを更新できませんでした。

季節も移り変わり
桜の季節になりました。

この前FMから
桜の香りにはリラックス効果あり・・
と言う話が流れていました。

糖尿病にはストレスはよくありません

リラックス効果のある桜の香りで
血糖値下げたいと思い
少し調べてみました。


桜の香りってどんな香りを想像しますか?


桜の花や葉っぱからは
ほとんど香りはありません。

私たちの知っている桜の香りは
桜餅にまかれている
葉っぱの香りです。

桜餅を頂くときに
桜の葉から春をかんじています。


桜の葉は、
塩漬けされて糖分が分解されることによって、
クマリンという甘い香り成分が生成されます。

生のままの葉を嗅いでも
ほとんどにおわないのはそのためです。


桜餅に使用される桜の葉には、
クマリンがより多く含まれていることと、
葉の毛が少なくて柔らかいために
食べやすいことから、
大島桜が用いられています。

クマリンは、葉だけでなく、
花や枝にも含まれていますが、
花びらの香りを楽しむ場合もやはり、
塩漬けを使用します。


クマリンという芳香成分には
抗菌作用やリラックス効果、
鎮静作用、血圧低下作用、
二日酔い防止効果などがあります。


これから人事異動などて
ストレスが多くなる季節です。

そんな季節に合わせるように
自然はリラックス効果のある
桜を咲かせているのかも
しれませんね!








posted by わくわくどきどき at 11:12 | 群馬 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ストレス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/36809259
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。