アクセス解析
レンタル掲示板

2006年06月09日

糖尿病に感謝する。

救急車で病院に運ばれ
気がつけば、”ベットの上”
高血糖昏睡で3ヶ月の入院

あの時から10年以上の時間が
過ぎています。

血圧が高かったら
危なかったと言われ
食事療法や運動療法の学習

今は糖尿病になって
”ついてる”と思えるようになりました。

96kg〜64kg=32kg減量が出来。

あのままいっていれば
合併症が発症してから
糖尿病に気づいていたかも
知れません。

確かに徴候はありました。
のどか乾きやすくなり
トイレも近くなり

全く糖尿病に対する
知識がなかったので
それが病気だとは
気づきませんでした。

あれから主治医の先生や
栄養士の先生から
いろいろな事を教えて頂き

ネットで調べたり本を読んだり
だんだんと糖尿病について
理解をしていきました。

生活の中で今一番大切だと
思うのは糖尿病になった事を
感謝して生活することだと
思っています。

一病息災という言葉があるように
今は病気になった事を感謝して
受け入れる事が出来るようになりました。


posted by わくわくどきどき at 18:21 | 群馬 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。