アクセス解析
レンタル掲示板

2006年06月01日

梅干しは酸性アルカリ性


あつくなるとサッパリした
レモンや梅干しが
口にしたくなります。

あのすっぱさは
実はアルカリ性で
パワーの正体はクエン酸です。

クエン酸には
運動時のエネルギー補給
カルシウムの吸収の向上、
減塩料理の味方と
いろいろな効果があります。

それと人の体は弱アルカリ性に
たもつと良いと言われています。

梅干しは武士の時代には
戦略物資とされていたそうです。

山内一豊も食べていたのかな?
posted by わくわくどきどき at 14:20 | 群馬 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病食事療法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。