アクセス解析
レンタル掲示板

2006年05月25日

糖尿病にも良いアントシアニン?



車でFMを聞いていると
黒米は体に良いという話を
やさしい声のDJが
話していました。

黒米には
ビタミンB1,ビタミンB2、ビタミンE,
ナイアシン,アントシアニンなどが
含まれていて

血管を保護して動脈硬化予防、
老化予防といろいろな効果が
あるみたいです。

アントシアニンという
聞きなれないものは

ポリフェノールの一種で
植物に含まれている
単色の色素だそうです。

アントシアニンには
目の疲れ改善、脳血管障害の予防、
ガンの予防効果,毛細血管の保護など
いろいろな効果があるみたいです。

アントシアニンは、ビタミンCと
一緒にとると抗酸化作用が
よくなるといわれています。

Brain News Network 05月25日 (木)
13時37分の記事によると
旭川大学女子短期大学部の
苅部英寿教授(食品学)は、
動物実験では、アントシアニンが
小腸でブドウ糖を吸収する
作用を妨げ血糖値を
抑えているのではと

昨年3月30日に札幌で行われた
「日本農芸化学会大会」
で発表されているそうです。



アントシアニンを含む食べ物は
黒米、黒大豆、黒ゴマ、茄子、
赤キャベツ、イチゴ、ラズベリー、
ブドウとかがあります。

アントシアニンは水溶性で
加熱しても分解されないので
ジャムやジュース、シロップ
などもおすすめです。

これからの夏野菜で
トマトと茄子のサラダ
トマトとあげ茄子
豚肉とキャベツの炒めもの
はいかがでしょうか?


posted by わくわくどきどき at 17:09 | 群馬 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病食事療法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。