アクセス解析
レンタル掲示板

2006年05月08日

手が冷たい?糖尿病性神経障害


心地よい春の風が吹いています。

なぜか手足が冷蔵庫の中に
入っているように
冷たくなっています。

検診に行ったときに神経障害?って
聞いてみましたが

ヘモグロビンA1cを下げてからでないと
他の病気の可能性は解らないといわれ


ヘモグロビンA1cを下げる事と
同時に血液をサラサラにする事を
進めています。

高血糖状態が続くと
血液がドロドロになり
合併症の元になるそうです。

血液サラサラには、
にんにくが良いみたいです。

あの特有のニオイの元は
アリシンと言われていて

ビタミンB1の吸収作用の維持力を
高め血液の循環を良くし
糖質代謝を促進する。

アリシンは長ネギ、にら、
玉ねぎにも含まれています。

食べすぎには、注意しないと
ドラキュラも寄って来なくなります

*神経障害は糖尿病以外にもいろいろな要因が
 複雑に関連してる病気なので適切な検査・治療を
 受けるように心掛けましょう。


posted by わくわくどきどき at 22:04 | 群馬 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病手足の冷え
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。