アクセス解析
レンタル掲示板

2006年03月23日

旬の食材は体をきれいに



春になり桜の咲く季節です
畑のふきのとうは、
今が旬

ふきのとうには、
食物繊維が豊富でカロチン、
ビタミンC,鉄分などを多く含み

低カロリーなことから
便秘やダイエットに効果があります。

ふきのとうは体にたまった老廃物を
排出してくれる効果があります。

春にふきのとうが出来る自然の恵みに
感謝していただきたいです。

てんぷらにしても美味しいですし
きゃらぶきという調理方法は
美味しかったです。

材料
ふきのとう、みそ、水飴、塩

調理法

1. ふきのとうの皮を剥き、
  5センチくらいに切ります。

2. お湯に塩を入れ沸騰させ、切ったふきのとうを入れ、
一煮立ちしたら、30分くらい水にさらします。

3. ふきのとうの水を切り、鍋に、みそ、醤油と一緒に入れ、
中火で良くかきまぜながら煮始めます。

4. 煮汁が少なくなってきたら、水飴を加え、弱火にして
休まずにかきまぜます。

5. 焦げ付きに注意して、水気が完全になくなるまで煮ます。

6. 水気がなくなったら出来上がり、瓶に入れて冷蔵庫で
保存しておきましょう。

○水飴は入れる必要はありませんが、
水飴を使うことで、
美味しそうな照りが出ます。

○きゃらぶきの秘訣は、
焦がさないように水気をとばすことです。
水気が残っていると傷みが早くなります。

○うまく作ると、冷凍しておけば、1年くらい持ちます。
たくさん取れたら作り置きしておくと良いでしょう。

posted by わくわくどきどき at 16:11 | 群馬 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病食事療法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。