アクセス解析
レンタル掲示板

2006年02月26日

階段を上がると基礎代謝も上がる


電車の中で良い姿勢で
たっていたり
階段を上がったりすると

腰やふとももの筋肉や
背筋を伸ばすときの筋肉が
ついてきます。

筋肉が付くと基礎代謝が
高くなるのでエネルギーを
消費します。

筋肉を動かす
(腰周り、背筋を伸ばすときの筋肉等)

姿勢が良くなる
手や足の血流がよくなる
脂肪が少なくなる
熱が逃げやすい体に

体温を作りだそうとして
筋肉がエネルギーを消費
基礎代謝が上がっていく

基礎代謝とは、
体を動かしていなくても
消費するカロリーのこと

内臓の活動、体温維持などの、
生命活動を維持するための
最低限のエネルギーのことです。

起きている時だけでなく、
寝ている時も消費されています。

20〜30代の男性で約1500キロカロリー、
同じく女性で約1200キロカロリーです。

基礎代謝が全消費エネルギーに
占める割合は
60%〜70%と非常に高いです。

筋肉、内臓、骨などの組織のうち、
筋肉が最もエネルギーを消費します。
筋肉を増やせば基礎代謝も
増えることになります。




posted by わくわくどきどき at 17:47 | 群馬 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ダイエット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。