アクセス解析
レンタル掲示板

2010年11月30日

糖尿病の原因究明へ前進

糖尿病は今まで発病の原因が解っていませんでした。
糖尿病の原因が究明されるかもしれないとういう
ニュースを聞いて嬉しくなりました。

糖尿病 関わるたんぱく質特定という記事より

東京大学などの研究グループは、
血液の中から筋肉に糖を取り込むなど、
「インスリン」の働きに関わっている
「PI3キナーゼ」というたんぱく質に注目し、
マウスを使って、その働きを調べました。

その結果、すい臓で「PI3キナーゼ」を無く
したマウスでは、「インスリン」の量が
減るとともに「インスリン」を作る細胞も
減って、糖尿病に近い状態になった
ということです。

逆に、「PI3キナーゼ」を働かせると
「インスリン」の量が増えることが分かり、
血糖値を下げる働きには、すい臓の細胞に
ある「PI3キナーゼ」が
深く関わっていることが
分かりました。


糖尿病の治療方法は、日々進化していますね。
血糖値を上手にコントロールして、
合併症を発症しないようにし糖尿病を一日も早く根治
したいと思います。



posted by わくわくどきどき at 00:00 | 群馬 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病最新医療

2010年11月29日

糖尿病 夜食べると太る

最近同じものをたべているのに体重に変化があります。

ふと調べてみるとBMAL1(ビーマルワン)というたんぱく質の影響でした。

BMLA1(ビーマルワン)は、増加すると脂肪をため込みやすくなり、
減ると脂肪をため込みにくくなる特徴をも持っています。

BMAL1(ビーマルワン)は午後10時から午前2時頃が最高で、
最も少ない午後3時頃の約20倍に!

食事の際は、BMAL1と時刻を気にして
深夜の食事は控えたほうが良いみたいです。


posted by わくわくどきどき at 00:00 | 群馬 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ダイエット

2010年11月28日

糖尿病にも幸福は最良の薬


日本でも「笑う門には福来る」という言葉がありますが
幸福は最良の薬になるのですね。

「幸福は最良の薬」を裏付ける研究成果という記事より

 
今までにも、幸福と長生きの関連性を示した研究結果はあった。
2001年には『ケンタッキー大学老年学センター』のデボラ・ダナー教授が、
修道女180人(平均年齢22歳)が手書きした自らを振り返る文章を分析し、
文中の肯定的な感情と、60年後の当人の健康状態を比較した。

その結果、「喜び」(joy)や「感謝」(thankful)といった言葉を使っていた
修道女たちは、否定的な感情を記していた修道女よりも
最長で10年長生きしていたことがわかった。
 
  ステプトー教授をはじめとする研究者たちは、
幸福感を調べる以外にも、冠状動脈疾患にかかる可能性を予測できるとされる、
精神疾患の程度を測る既存の測定法を用いて、
被験者の心理的苦痛の程度を比較対照できるようにした。
 
 その結果、健康に関する生物学的なさまざまな要因は、
それぞれ幸福感と関係していることがわかった。
つまり、人は健康だから幸せだというだけではなく、
幸せだから健康なのだ。
 
 これはコメディアンにとって嬉しい知らせだ。
 
 笑いは健康にいいということが、ほぼ公式に認められたからだ。
また先月にも、メリーランド大学ボルチモア校医学部の研究者たちが、
笑いは血管の健全な機能と関連があるとする研究を発表している。
 
 この研究では、被験者に映画の笑える場面と緊迫した場面を見せたところ、
笑いを誘う場面は血管内皮細胞(血管の内側の組織)を明らかに拡張させ、
血流量が増加したことがわかった。

 同様に、精神世界への傾倒や宗教も健康にプラスの働きをするようだ。
4月9日(米国時間)から16日にかけてフロリダ州マイアミビーチで開催された、
米国神経学会(AAN)の年次総会では、
 
 エルサレムのサラ・ヘルツォーク・メモリアル病院で
神経治療の責任者を務めるヤキル・カウフマン氏が、
精神世界に触れることや宗教の実践によって
アルツハイマー病の進行が緩和される可能性があるとする
研究結果を発表した。

 「高いレベルの精神世界や信仰を持つ患者は、
認知機能低下の進行が著しく遅くなることがわかった」と、
カウフマン氏は述べている。

 UCLの新しい研究は、
精神世界や宗教の効果にまつわる謎の解明につながるかもしれない。
 
 「信仰が人生につきもののストレスや辛苦を和らげることについては、
ある程度証拠もあがっている。
 
 そう考えると、われわれが研究した幸福が健康をもたらすプロセスと、
信仰には関連性があるのかもしれない」と、ステプトー教授は語る。
 
 マーモット教授も同じ意見で、「われわれの研究では、
精神的プロセスが生理的反応に大きな影響を及ぼすという結果が出ている。

精神世界も、脳が神経内分泌系と連動して重要な影響を及ぼすことを示す、
1つの例かもしれない」と述べた。

   
では、どうしたら幸福になれるのでしょうか
そんなヒントがあるサイトを見つけました。

しあわせへの道

posted by わくわくどきどき at 00:00 | 群馬 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ストレス

2010年11月27日

糖尿病の神経障害をLEDの光りで治療する

LEDが持つ驚異の治療効果とその謎という記事より。

発光ダイオード(LED)には、理由は不明なんですが
「赤外線の小さな光に、傷を治したり、筋肉を増強したり、
糖尿病の深刻な合併症を改善したり、
失われた視力を回復したりする力がある」そうなんです。

バートウェルCOOによると、LED光は、赤血球に含まれていて酸素を運ぶ働きをするタンパク質のヘモグロビンから速やかに一酸化窒素を切り離す。

血管を拡張する働きをする一酸化窒素が奪われることによって血液の流れが刺激を受け、
末梢神経が回復して再び成長しはじめる可能性が考えられるという。
 
カリフォルニア州レッドウッドシティーの内分泌学者、
ジョゼフ・プレンダーガスト博士は、
糖尿病による神経障害をもつ200人余りの患者にLED照射を行なった。

40分の照射を10回ほど続けたところ、
患者の95%が足にいくらか感覚が戻ったと言い、
3分の2近くが完全に正常に戻ったという。



LEDを照射しているだけで良くなるのだから不思議だけど
嬉しくなります。

posted by わくわくどきどき at 00:00 | 群馬 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病最新医療

2010年11月26日

笑顔で良くなる糖尿病

糖尿病になってしまったのだから、あとはその病気とどう向き合うかが課題となります。

その中でもストレスをより少なくするのに私が、大切だと思うのは
笑顔になる事です。

その為に行っているのは、
糖尿病の最新の治療方法を知ることです。

最新の治療方法を知ると何故か笑顔になれます。

知識が増えれば責任が大きくなり
知識と責任が大きくなれば
糖尿病に対するコントロールも大きくなると思います。
だから笑顔になれるのかもしれません。

最新の治療方法を知って笑顔になるのに
このサイトはお勧めです。
wiredvision.jp サイト内検索 糖尿病
posted by わくわくどきどき at 00:00 | 群馬 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ストレス

2010年11月25日

糖尿病の新しい薬 インクレチン関連薬

糖尿病の治療法は対処から根治へ変更しているみたいです。


*-----------------------------------------------------------*

インクレチン関連薬

欧米人と比べてインスリン分泌が少ない
日本人の糖尿病治療には、
インスリン分泌促進薬やインスリン製剤が
多く使われてきました。

しかし、低血糖や食後高血糖などの問題があり
必ずしも万全な治療とは言えませんでした。

最近、2型糖尿病に対する新しい薬として
「インクレチン関連薬」が注目されています。

インクレチンは消化管から分泌されるホルモンで、
血糖値が高い場合には膵臓のβ細胞に作用してインスリン分泌を促進し、
一方、血糖値が低い場合にはインスリン分泌を
促進しないという作用があります。

つまり、血糖値依存性にインスリンを促進する
ホルモンであり、それによって低血糖は
起こしにくく、安全に高血糖を改善することが
可能になると考えられます。

また、血糖上昇作用を持つグルカゴンを
インスリン分泌と同様、血糖値依存性に
抑制する作用も知られています。

さらに、膵臓のβ細胞を保護する作用や
中枢神経系に働き食欲を抑制する作用、
胃の排泄運動を抑制する作用も
明らかにされています。

インクレチン関連薬
(GLP-1誘導体、エキセンジン-4、DPP-4阻害薬)は
すでに臨床応用がされており、
低血糖などの副作用は少なく、
糖代謝を改善する効果が報告されています。

特に、インスリンの分泌不全が多い日本人の
2型糖尿病患者では、他人種と比較して
インクレチン関連薬のより大きな効果が
期待されます。

*-----------------------------------------------------------*

国立循環器病研究センター病院HP 糖尿病・代謝内科 インクレチン関連薬より

インクレチン関連は低血糖や肥満を起こしにくい
特徴があり期待できる薬なので嬉しくなります。

今度の検診の時に主治医にこの薬の詳しい話を
教えて頂こうと思います。

今はインスリン注射の治療をしていますので
変更をする事が可能なのか?

もし変更する場合はどんな注意点が
あるか教えて頂こうと思います。


posted by わくわくどきどき at 23:59 | 群馬 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病最新医療

2010年11月24日

もうすぐ簡単便利なカロリー計算

携帯電話やデジカメなどで撮影した写真を
サーバーに送信すると
自動的にカロリー計算をするサービスを
NTTコミュニケーションズなどが
開発しました。

帯電話の全地球測位システム(GPS)を使い、
持ち主の移動距離から消費カロリーを算出する仕組みを合わせて、
健康増進サービスとして来年1月から実証実験に入り
将来の商用化を目指す。

実用化されると簡単にカロリー計算が出来るようになり嬉しいです。
posted by わくわくどきどき at 19:44 | 群馬 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病食事療法

2010年11月23日

胚性幹細胞移植で糖尿病は根治する。

T型糖尿病もU型糖尿病もインスリン工場である
すい臓の働きが悪くなっています。

胚性肝細胞を移植すると移植された胚性幹細胞は
体自身にコントロールされ、
体の需要に応じて各種器官組織が必要とされる機能細胞に分化し
すい臓を良い状態のインスリン工場に戻し

血管の細胞を作り血液の循環を良くし
血圧のコントロールしたり

肝臓細胞や腎臓の上皮細胞を新たに作り
肝臓や腎臓の整理機能を回復させたり

各種機関の整理機能を回復させる事で
若くて健康な体を取り戻します。
posted by わくわくどきどき at 21:34 | 群馬 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病最新医療
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。