アクセス解析
レンタル掲示板

2010年03月17日

メタボリックメモリーで未来がわかる

メタボリックメモリーは血糖値の良否による長期的な影響の事です。

ヘモグロビンA1cは、一か月間の血糖値の変化を表します。
メタボリックメモリーは10年後の変化を予想できるそうです。

糖尿病発症後早期の血糖値を低く保つ努力が長期にわたり血管に記憶され
最終的に最小血管障害、大血管障害の発症抑制に有効である事が示されました。


米国ではDCCTという大規模臨床研究で「メタボリックメモリー」、英国ではUKDPSという大規模臨床研究で「レガシー効果」と呼ばれています。
posted by わくわくどきどき at 14:22 | 群馬 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病最新医療
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。