アクセス解析
レンタル掲示板

2008年01月27日

糖尿病は治ります。


レーベンスクラフト株式会社のHP
2007年9月4月
治療法に関する最新情報より

病原体などから体を守るべき免疫が、
誤って自分の膵臓細胞を
攻撃してしまうことではっしょうする
「1型糖尿病」を、
患者自身から採取した造血幹細胞の
移植によって治療する実験に成功した
(サンパウロ大・ノースウエスタン大)。

米医師会雑誌に掲載される。

発症間もない14〜31歳の患者15人に、
免疫抑制剤の一種を
投与したうえで、
あらかじめ採取してあった
各自の造血幹細胞を
静脈注射で移植した。

治療前、患者らは、
膵臓で分泌されなくなった
インスリンを注入して補っていたが、
今回の治療によって
13人は1〜35ヶ付きのわたって
インスリン注入が不要の状態が続いている。


造血幹細胞は、
血液や免疫細胞などに分化する細胞。



医療の進歩てすごいですね

Googleアラートから送られてくる
メールをチェックしていたら
嬉しい記事を見つけました。


糖尿病が発症すると
一生闘病生活が続く為
途中で治療を断念する方がいらっしゃるという
ニュースがTVで流されていました。

食事、運動、薬と
毎日の生活の中で色々な約束があるのは
確かに大変だと思う事もあります。

でも治療をしないとすると
今より状況は悪化していくと思います。

合併症が発症すると
今以上に大変な生活になってしまうと思います。


もうすぐ糖尿病が治ると思うと
治療を続けて行く事も
楽しくなると思いませんか?

世界の様々な
医療関係の方々が
糖尿病を治す研究をされています。

明日には糖尿病の画期的な
治療法が発表されるかもしれません。


まずは今日出来ることから

血糖値の測定
インスリンの注射
薬の服用
運動
食事

治すと思いながら
ひとつひとつ



posted by わくわくどきどき at 14:04 | 群馬 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病最新医療
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。