アクセス解析
レンタル掲示板

2006年09月29日

想いでよくする糖尿病


血糖値、ヘモグロビンA1c、血圧、体重
いろいろな事を記録して治療の
励みにしています。

一番のもとになるのは
糖尿病を治したいという気持ちだと
思います。

すい臓移植、すい島移植
などの糖尿病の根治療法も
症例も増えてきています。

安全で簡単に低価格で副作用が
一切ない方法が実現される日も
近いと思います。

それに
人間には自然治癒力がありますから
それを上手く引き出す事が出来れば
糖尿病も根治することが出来るようになると
思っています。

子供の頃試験の前とかに
学校に行きたくないと思っていると
本当に熱がでたりして体調が
悪くなり学校を休む事が
出来たように

人間の想いの力には
凄いパワーがあるのですから

そんな想いの力を科学の力で解明して
糖尿病も想いの力を使用して治せる
そんな時代もすぐ近くにあるのかも
しれません。


posted by わくわくどきどき at 17:12 | 群馬 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年09月21日

睡眠で糖尿病がよくなる

朝Googleのアラートからのメール
を確認していると

糖尿病というキーワードからの
メールを声をだして読みたくなりました。

*-----------------------------------------------------------*
U.S. FrontLine Accessed Date:2006年9月21日 8:04:10

眠れないのは糖尿病のせい?
〜睡眠不足と血糖抑制機能の因果関係

成人に多い2型糖尿病患者で
睡眠不足に悩まされる人は、
睡眠時間が長い同病患者に比べて
血糖値の抑制機能が低いことが、
シカゴ大学とノースウェスタン大学(ともにイリノイ州)
による最新調査で分かった。

[U.S. FrontLine]


*-----------------------------------------------------------*

ぐっすり眠ると太らない?

睡眠と太ることにも関係があることを
書いた時にも
血糖値のグラフには
睡眠時間の記入したほうが良いと
思いながらまだ記入していなかったのですが

血糖値が良くなり
ダイエットできる
可能性があるならば

今日から記入しようと
思いました。

お天気の良い日には
お布団を干すと
おひさまの元気を頂いて
グッスリ眠れるかな?



posted by わくわくどきどき at 13:52 | 群馬 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | A1c血糖値良くなるヒント

血糖値の1/20が予測A1c



今日の定期検診の時に先生から
教えて頂いたことですが

血糖値の1/20がおおよその
A1cの値になるそうです。

ある程度の日数を平均したものの方が
より正確なA1cを予測できるそうです。

1月ぐらいの血糖値の平均値から
A1cを予測すれば
検査の結果とあまり差異はないと
言われていました。

例えば1週間朝のみの
測定の場合では

月曜日は114mg/dl
火曜日は107mg/dl
水曜日は94mg/dl
木曜日は90mg/dl
金曜日は109mg/dl
土曜日は95mg/dl
日曜日は103mg/dl

月曜日〜日曜日の合計の血糖値は712mg/dl
予測A1cは
712÷7÷20≒5.08%


2型糖尿病の場合は
ある程度予測は出来ますが

1型糖尿病の場合は
予測は難しいと言われていました。

2型糖尿病の場合でも
貧血など体の変化がある場合には
血糖値の変化にA1cが
追いつかなくなる場合もあるそうです。

posted by わくわくどきどき at 00:00 | 群馬 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | A1c血糖値良くなるヒント

2006年09月19日

糖尿病のおやつに和菓子はいかが



和菓子は油分が少なめで
小豆にはミネラルや食物繊維
ポリフェノールが豊富に含まれている健康的な
嗜好(しこう)品です。

鮮やかな緑茶のまろやかな美味しさと
小豆のほのかな甘さを
3時がまちどおしくなります。

春は、よもぎの葉で草餅を
夏は、季節の果物ビワやプラムを使い寒天で水羊羹
秋は、とれたてのさつまいを使い芋ようかん
冬は、柿をそのまま利用して干し柿とか

あの小さな中で春夏秋冬
花鳥風月をあらわして
いると思いませんか・・・


posted by わくわくどきどき at 12:42 | 群馬 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病食事療法

2006年09月18日

糖尿病はコノフィリンで根治する。



新聞を読んでいると糖尿病の
治療を続けていくのが嬉しくなる
記事をみつけました。

*-----------------------------------------------------------*

植物のエキスで膵臓細胞育てる

慶応義塾大学理工学部の梅沢一夫教授らは
植物からとった「コノフィリン」という物質が
膵臓(すいぞう)の細胞を育てる働きを持つことを
見つけた。

膵臓の機能低下によって引き起こされる
糖尿病の治療に応用できる可能性があるという。

日本経済新聞06年9月18日付朝刊12版19面より

*-----------------------------------------------------------*


コノフィリンはタイに生息する植物から抽出した
物質。

火傷をした時はアロエの葉のゼリー状の部分を
貼りつけるとよくなるように植物の力には
解明されていないたくさんの不思議な力が
あるみたいです。

糖尿病を副作用もなく手軽に簡単に安く治したい
そんな患者の願いが叶う日が来る日も近いのかも
知れません。


posted by わくわくどきどき at 11:10 | 群馬 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病最新医療

2006年09月16日

計って見るだけ糖尿病改善


血糖値、体重、血圧のグラフを
部屋の壁にはっています。

不思議と血糖値、体重、血圧の
状態がより良くなってきます。

グラフを見る事で脳の中で
快感物質のエンドルフィンとか
出るのかな?



posted by わくわくどきどき at 05:18 | 群馬 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 血糖値管理戦術

2006年09月14日

糖尿病こんな症状要注意

だるい、疲れやすい

やたらとのどが渇く

食べているのに、やせてきた

尿の量がふえる。トイレに行く回数が多い

空腹感が強く、よく食べる

『生活習慣病治す防ぐ大事典』主婦と生活社刊

糖尿病になるまえは
上記の項目
かなりあてはまりました。

もし知っていたら
救急者に乗らずにすんでいた
かもしれません。

3大合併症を起こして
これ以上は悪化させない為に
食事、運動、禁煙
笑顔で顔晴りたいです




posted by わくわくどきどき at 23:59 | 群馬 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年09月13日

笑いで糖尿病はよくなりました。

笑っていると良いことがあるし

笑顔でいるとまわりの人を
しあわせに出来ると思います。

不思議と笑顔でいられた時間が
ながいほど血糖値はよくなっていました。

何かあり恐い顔をしていた時は
血糖値は高くなっていました。

色々なことがあり
笑えないときもありました。

そんな時には、明日幸せなことが
あると思い元気になったり

過去の幸せだった経験を
着ていた服、温度、時間、気持
などを出来るだけリアルに
体験しなおすと笑顔が
もどってきます。



posted by わくわくどきどき at 23:59 | 群馬 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ストレス

2006年09月12日

糖尿病性網膜症とみえるありがたさ



詳しく検査しないとわからないけど
目の合併症が進んでいるので
いつ視力を失うかもしれない
と言われたときは

その事を両親には伝えることは出来ず
一人では抱えきれずに
大切な人、1人に話しました。

真っ暗な世界を思うと
何も手につかずどうする事も出来ず
心臓の鼓動がはやくなり
押しつぶされそうな気持ちでした。

そんな時間が2〜3ヶ月続き

もし視力を失うとしたら
今視力があるうちに
素敵なものをたくさん見ておこうと
思えるようになりました。

検査の結果は
思った程進んではないけど
充分な経過観察が必要だと
言われています。

あれから1年
目のみえるありがたさに
感謝しています。

posted by わくわくどきどき at 23:59 | 群馬 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病3大合併症

2006年09月11日

糖尿病になってから、こむらがえり起きてませんか?

イタイ、ヤバイ、マズイと叫びながら
バタバタと暴れまわるくらい
こむらがえりが起きると痛いです。

糖尿病で救急車で病院に運ばれる前と
その後半年ぐらいひんぱんにこむらがえり
が起きていました。

そんな痛いこむらがえりを起こした時は
けいれんしている方のひざを伸ばして座り
足首を上にそらす。
そうするとふくらはぎのけいれんは
おさまりました。


それからこむらがえりを起こしたときや
ひんぱんに起こすときは

足心というツボを刺激すると
効果があります。
足心は足裏のちょうど真ん中に位置します
そこをこぶしで30回たたいて刺激を与えます。

痛みがひどい時はふくらはぎを冷たい
タオルで冷やしそれから暖かいタオルで
暖めると効果がありました。

マグネシュム、カルシュム、ミネラルを
とるとこむらがえりを
起こしずらくなるみたいです。

posted by わくわくどきどき at 23:50 | 群馬 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年09月10日

セロトニンは糖尿病に効く



朝の目覚めが悪い、物事に集中できない
ストレスを感じている、食べ過ぎてしまう

”セロトニンの欠乏を知らせるサインです。”

セロトニンの欠乏はストレスを感じたり,
食べ過ぎてしまい

血糖値を上昇させるので
糖尿病には大敵みたいです

キレる時や元気のない時は
脳ではセロトニン神経が衰弱し
脳内物質が減少していると
いわれています。

ストレスを感じるとストレスホルモンが
脳からでてリンパ球を死滅させたり
免疫力を低下させたりしています。

そんな時にセロトニンが不安や恐怖、
興奮を適度に抑制しています。

セロトニンはトリプトファンと言う
必須アミノ酸から作られます。

お肉、牛乳、卵、魚、大豆
などからとることが出来ます。

バランスのとれた食事が
心身の健康には必要みたいです。

肝臓でアミノ酸が分解されて
トリプトファンが作られます。

血中のトリプトファンの量が
脳内のセロトニンの濃度とも
関係しています。

座禅などをして心身がスッキりするのは
大脳脳幹にあるセロトニンが活性化され
脳を元気にするセロトニンが元気に
なるからだと言われています。

posted by わくわくどきどき at 16:34 | 群馬 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ストレス

2006年09月09日

体の声を聞く習慣


血糖値がいくつで
ヘモグロビンA1cはいくつ
おへそのまわりはいくつがよい

いろんな糖尿病に関する数字が
ありますが

それだけなの?
ってふと疑問に思いました。

もちろんその数字をクリアーする
ことも大事なことですが

数字だけではなく体の声を聞くことを
忘れてしまっている感じがします。


すこし前にお世話になっている
お医者さんが診察で
血圧計を使わずに弟の高血圧を
教えていただいき観察力の鋭さに驚きました。

体の声を聞くと
いろいろわかることがあるのかな?

posted by わくわくどきどき at 23:59 | 群馬 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年09月08日

涙のパワーで血糖値改善



笑いが糖尿病の自然治癒に
効果があるように

涙をながすことでも
血糖値をさげる力がある
と思います。

嬉しいとき悲しいときなど
感情をはげしく感じた時
涙をながします。


涙をながすことで
心のスイッチがリセットされ
次にすすみ
心の潤いをとりもどしていました。
posted by わくわくどきどき at 17:06 | 群馬 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ストレス

2006年09月05日

心の声と体の声


気持ちは体にあらわれます。
怒っているときに笑っている人は
あまりいないと思います。

どこか調子が悪いときは
心の声と体の声を静かに
聞くことが大切だと思います。

それと笑うことで自然治癒力は
高められるし

笑顔でいるとよいことがあり
微笑みは最高のプレゼント
になります。
posted by わくわくどきどき at 23:54 | 群馬 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ストレス

2006年09月04日

水で健康に

地球は70パーセントが海で出来ていて
水の惑星と言われています。

そんな地球に生きている私達のからだも
60パーセントが水でできています。

水は老廃物を排出したり体の
バランスを保つなどいろんな
働きをしています。

1日に2.5リットルの水を飲むと言われて
いますがきれいな水を飲むことで
体の中がきれいになると言われてます。

以前TV番組でモデルさんが1日たくさんの
水を飲んで美しさを保っている話が
放送されていました。

水と健康については

『水とからだの健康』 左巻健男監修 小学館刊

『水の健康学』 藤田紘一郎著 新潮社刊
posted by わくわくどきどき at 23:50 | 群馬 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年09月03日

自然の恵みの不思議なパワー


ぶどう、なし、りんご、
みかん、キウイフルーツ
美味しい果物が収穫される季節です。

春、夏、秋、冬
地球のリズムに合うように
自然のめぐみは収穫されます。

りんごは医者いらずの果物の王様
みかんには糖尿病・高血圧・心臓病などの
予防効果があるみたいですし

果物には体に必要なものが
含まれています。


果物のすごい力については
『フルーツ薬効学 がんからダイエットまで』 
川鍋亮著  中央公論新社

生活習慣病やがん予防に役立つ四季の
果物30種類の総まとめ


果糖が多いから糖尿病や
高脂血症予防のためには
余りとるべきではないと言われることが
多いですが根拠はないみたいです。

食べすぎはいけませんが、、、

posted by わくわくどきどき at 15:39 | 群馬 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年09月02日

月のリズムと人のリズム


中秋の名月にかぐや姫、
うさぎの話とか

昔から月は生活の中に
とけこんでいます。

太陽と月の力が潮の干満など
地球の生態系にも
大きな影響を与えています

月が刻む時間は、
地球の一部でもある人間の体内にも
備わっているはずです。

月の神秘については

『月の癒し』 
ヨハンナ・パウンガー, トーマス・ポッペ著
小川捷子訳  飛鳥新社,

月のリズムをつかうダイエット法などが
紹介されています。



posted by わくわくどきどき at 21:37 | 群馬 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年09月01日

笑いと血糖値と自然治癒力



昨日テレビをみていると
笑いは血糖値の上昇カーブを
抑える働きがあるという番組
が放送されていました。

地震の速報が入り途中まででしたけど

不治に近い病気を笑って治した人の本も
出版されています。

『笑いと治癒力』
ノーマン・カズンズ [著] 松田銑訳 岩波書店

人間には自然治癒力があります。
例えばプラシーボ効果
新薬のテストにもちいられていますが

開発されている新薬を飲む人と
そうでない病気には効果のない
物を薬と言われて飲む人

でもそんな病気には効果のない
物を飲んだ人でも
実際にその病気が良くなる人が
いるそうです。

人には今の科学では
解明されていない
すごい力があるのだと思います。
posted by わくわくどきどき at 17:00 | 群馬 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ストレス

父の入院と保険



父が持病の手術で10日〜15日
入院することになりました。

入院の準備を手伝いながら
改めて病気はお金がかかると
思いました。

手術に入院にそれからパジャマなどの
身の回りの物の購入など

もし自分が入院すると考えると
まえから入っている生命保険は
入院1日5,000円だったけど
入っていた保険会社が合併されて
少し給付額が減少されているし

糖尿病で根治するための
すい臓移植、膵島移植などの
治療はかなり高額なお金がかかると
言われています。

1日5,000円位の保険では
心配なので調べてみると
今は糖尿病の治療中でも入れる
保険や先進医療の費用を
負担してくれる保険などが
販売されていたり研究されたり
しているみたいです。


posted by わくわくどきどき at 13:38 | 群馬 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。